亭主関白タイプな主人

 

わが家の主人は優しい人です。

でも私が自由に使えるお金をあまり渡してくれません。
食費など生活費はギリギリ渡されていますが、その他の、例えば私の化粧品代、美容院代、お洋服代、付き合いの費用は言わないと貰えません。
言えば貰えるなら良いと言う人もいるかもしれません。
でも、かなりそれってストレス溜まるのです。
だっていちいち、子供の下着買いたいからお金下さい、とか私の化粧品買うからいくら下さい、とお願いするなんて嫌なものです。

しかも主人は、渡している生活費がそれで充分だと思っている様で、足りないとは全く考えてないのです。

子供たちがどんどん食欲旺盛になってきて、食費は増えているというのに子どもが赤ちゃんの時代からこれまで全く生活費は増やしてくれる気配もありません。

私は、ほとんど自分の服を買わないようにしてますが、それでも靴などは履き過ぎてボロボロになったりしてます。
それを主人が見たら、安いのじゃなくて良い靴買えば長持ちするのに、と言われました。
でも靴買うのにお金下さい、と言う時に、そんな高いお金を要求するのは私には出来ません。
そんなこと言うなら一緒に選んで買ってくれれば良いのに、それはしてくれないんです。

だから、普段からお金に余裕がありません。
ちょっと缶コーヒーを買って外で休憩するのも、もったいないからやめようと思えてしまうのです。もし節約して貰ってる生活費が余れば、申告せずに欲しい物買えますから。

子供の関係でお付き合いのあるママ友とランチに行くとなったら、また言い出しにくいです。
子供を一緒に遊ばせるだけなのになんで親がランチに行く必要があるのと言われた事があるからです。
それでも言えばお金は出してくれるけど、毎回そんな風にそのお金は本当に必要なのかという聞き方をされると、頼みたくなくなります。

でも生活費以外にもお金はある程度は使うので、いっその事主婦でも借りられるキャッシングに頼ってしまおうかと考えちゃいます。

今度、細かいメモにして費用がこれだけかかっているって言ってみようかな。でも、自分のお金じゃないしすごく言いづらくて。事前にわかっていればまとめてもらえていいんだけど、ちょこちょこお金が必要になった時は本当に困るんです。

皆さんはどうしているんだろう。自由なお金が欲しい…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>