最初から最後までヒヤヒヤした旅行

3泊5日でスペインへ弾丸旅行へ行きました。初めてのスペインだったため、下調べはいろいろとしていったのですが、やはり現地に到着すると情報誌には載ってないことがたくさんありました。

まず、現地の日本人に教えてもらったのですが、スペインの地下鉄は5回以上利用するのであれば10回の回数券があり、そちらがかなりお得だとのことでした。

それは地下鉄以外にも市バスにも利用できて、約一時間以内なら乗り換え無料というもの。

私たちの宿泊先のホテルから観光地に向かうためには確実に5回以上乗り降りしなければならなかったので、到着後、即購入しました。

また、地下鉄は日本とあまり相違はなく、目的地の駅名さえ分かっていれば特に乗り方に迷いはありませんでした。

唯一戸惑ったのは改札が日本は右側に自動改札機がありますが、スペインは左側だったことです。

そして、スペインは失業率がかなり高い国でも有名ですが、そのせいか地下鉄内に物乞いする人や、歌を歌ってお金を稼ごうとする人がいることです。

一番最初はかなり衝撃を受けました。日本人だと分かっているからなのか、目の前で歌を披露されたときは、本当に困惑しました。なるべく目を合わせないようにするのに必死でした。

スペインに到着してすぐに、現地の日本人のガイドさんに、「日曜日はお店はどこもお休みになるから、気をつけてね。買うものがあれば土曜日までに購入すること。」と念を押されました。

そんな矢先、友人が携帯を紛失してしまい大慌て。

心あたりのお店は、日曜日だからお休みとのこと。

本当に日曜日はどこもお店が閉まっていて、事情を話してもお休みだから無理だとの回答で、全然対応してもらえませんでした。

日本であれば、お店が日曜日休みというのも少ないですし、事情を話せば少し良心的に対応していただけるケースもあるので、この点にはかなり驚きました。

紛失した本人が悪いと言えば悪いのですが、結局携帯のありかは分かっているのに、現物を取り戻せないという悲しい状態で一日の観光を終えたことを覚えています。

海外旅行へいくときは、できることなら、万が一の事態に備えて現地の方に情報をもらうことが大切だな、と思いました。

この友人はおっちょこちょいで、旅行に行くというのに財布を忘れてしまっていました。カード類は持っていたので、空港で気が付いたのでキャッシングしてどうにかなりましたが(★空港キャッシング)、最初から最後までこの友人のおかげでヒヤヒヤしましたね。